結婚線が示すあなたの結婚事情 あなたにとって幸せな結婚の形とは

結婚線とは

結婚線とは、小指の付け根の下から感情線の間に現れる線です。始点は手のひらの側面で、ここから手のひらまで伸びています。他の線と同様に長い方が良いとされていて、結婚線が長いほど結婚生活も長く続けることができます。

平均的な結婚線の長さは小指の3分の1から半分くらいとされており、これより長ければ結婚線が長い。短ければ結婚線が短いと判断すると良いでしょう。結婚線をみることで、あなたが結婚する時期や年齢、あなたの結婚に対する考え方、どんな結婚生活を送るかを占うことができます。

くっきりとした結婚線が複数ある人

薄い線はカウントせず、30センチ、50センチと離れていてもしっかり見える太い線だけをカウントしてください。

1.結婚線が2本ある人

同じように太く濃い結婚線が2本あるのは二重結婚線と言い、運命の相手が複数いることを暗示しています。離婚、再婚、と言うとまだまだマイナスイメージも大きいのですが、あなたには複数回、異性に結婚を決断させる魅力があるとポジティブに受け止めたいですね。また、2度の結婚に至らなくても、過去に結婚を誓い合った異性がいたのに、何らかの理由で結婚に至らなかった方にも表れやすい相です。

また、この2本の線が2本とも真っ直ぐ横に平行、もしくは上向きに伸びている方は結婚運がとても良く、離婚を経験しながらも幸せを掴むことができる方です。

次に上の線は下向きに伸び、下の線は上向きに伸びている方は、わざわざ苦労する相手と結婚するタイプ。周囲の方から「なんで!?」と言われるような異性をパートナーとして選んでしまいます。この手相を持っている方は周囲の方の忠告を真剣に受け止めるようにする方が良さそうです。

また、反対に上の線は上向きに伸び、下の線は下向きに伸びている方は、最初の結婚相手を選び間違えることが多いでしょう。勢いで結婚したものの、思っていた結婚生活とは違っていたという思いをする方が多い相です。ただし、2度目の結婚では、良い方とご縁があるようですので、失敗をいつまでも振り返らず、しっかり生活を立て直して次に挑んでください。

また、2本の線が両方、下に向かって伸びている方は、良縁を掴めないタイプです。働かない異性、浮気者の異性、暴力をふるう異性など、周囲の人が心配するような相手と、いつもくっついてしまいます。そして周囲の声を聞かず「あの人には自分がいないとダメなんだ」とヒロイックに思い込み、支えようとします。もし何かの原因で相手と別れたとしても同じようなタイプに入れ込んでしまう傾向が強いのが特徴です。周りの方が心配するようなタイプの異性というのは、だいたいあなたが支えなくても生きていけます。周囲の方の忠告にしっかり耳を傾けるようにしましょう。

2.結婚線が3本以上ある人

同じように太く濃い結婚線が3本以上ある人は、結婚に向いていません。異性からとてもモテる方が多く、一人の人と結婚するなんて考えられないと思っている方が多いと思います。魅力にあふれる方で、異性がそんなあなたを放っておきません。ふわふわと楽しく過ごすことができる相なので、当面は楽しく暮らせそうです。また、結婚線が3本以上ある方で今結婚したい方は、結婚線をしっかり観察してください。もしも1本の結婚線だけが他の結婚線より太くなっていたり、濃くなっているようであれば、結婚に向かっても良いでしょう。しかし、どの線の太さや濃さも同じという方は、今は結婚に踏み切らない方が良いという暗示です。

手相
手相

関連記事

困った!変わった結婚線 解説が見つからない!珍しい結婚線を持つあなたへ

恋愛はマインド次第で変化する! 知能線でわかるあなたの恋愛傾向

隠された性癖が丸見え!S線とM線で分かる隠しきれないあなたの性癖

この恋は本物?気になるこの恋の行方を表す恋愛線 怖いけど気になる恋の顛末

浮気線あれこれ 浮気しやすいタイプは手相を見ると一発で分かる!

手相でわかるホルモンバランス フェロモンアップの鍵を握る手掌紅斑