手相を実生活に活かそう

手相に抱くイメージ

手の状態を観察することによって、本人の性質や未来を読み解くとされる手相。
あなたは、手相と聞いてまずどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?
例えば、こんなことを聞いたことはありませんか?
・生命線が長いと長生きできる。
・感情線が下を向いている人は性格が複雑。
・運命線が途中で切れていると苦労するらしい。
などなど。。
実際に合っているかどうかは別にして、上記は、手相が見せるある種の法則性から割り出された一部の情報です。
あなたは手相を信用する人ですか?それとも、この手の情報をうさん臭いと思う人でしょうか?
闇雲に信じ込んで、手相に振り回されることはナンセンスですが、例えば初対面の人に近づくきっかけが欲しい時、自分の行動に迷いがある時などその時々でちょっとした参考にできるのなら、活用しない手はないと思いませんか?
こちらでは、手相の奥深さに少し触れてみることにしましょう。

手相の歴史

手相の始まりについて掘り下げて調べてみると、かなり古い歴史があることがわかります。
手相は、およそ3千年前の古代インドが発祥の地とされています。
その後、中国に伝えられ発展した東洋手相学と、中近東経由でヨーロッパに渡り発展した西洋手相学という大きな二つの流派が出来上がり、日本には両方の手相学が伝搬されています。
日本に最初に伝わった手相学は東洋手相学。平安時代に中国から易学とともに伝えられ、個を取り巻く家族関係や病気の診断に重宝されていました。
一方、西洋手相学は比較的近代に日本に取り入れられました。この手相学は、手相の持ち主個人の特徴を判断する手相学です。
今、日本で主流とされる手相学は、個としての自分自身に向き合う西洋手相学ですが、二つの流派の特徴を比べることで、同じ手相でも見方によっていろいろな情報を得ることができ、広い知識があればあるほど多くの情報の取得が可能であることがおわかりいただけると思います。

手相と脳の密接な関係性

一説によると、脳の状態が手に現れたものが手相とも言われており、脳の働きと手相には密接な関係があるとされています。
足裏に内臓の反射区があるように、実は、手にも脳の反射区があるのです。
手のひらの中でも、温度が高い部分は柔らかく膨らみがあり、対応する脳の部分は活性化します。反対に温度の低い部分はタンパク質が固まり硬くなって線ができます。
このように、手相は個人の脳内をいわゆる鏡のように映し出したものと考えると、その人の生き様が手に刻まれたものという意見にも頷けるものです。
面白いことに、その手相の持ち主がどんな人格なのか、どんな人生を歩んできたのか、今どんな考えで生きているのか、脳内にある記録がすべてその手に現れますので、みる人がみればその情報がみんなわかってしまうのです。

手相を情報としてうまく活用しよう

以上のことから、自身が手相を勉強してその情報を読み解き賢く活用することで、行きていくための手助けとして大いに活用することができると言えます。
まず、自分の行く末を占った上で、好ましい判断ができるようならば肯定して今後の行動の活力にできることでしょう。
好ましくない部分が現れた場合は、自分の非を認め、自分が損をしないように回避するよう心掛け、行動を改めることもできます。
自分以外の人を知るために活用すれば、相手の心を尊重しつつ、無駄な方向に気を使うことなく相手に近づくことができ、お互いにハッピーになれます。
最初は生命線の長さを取り上げて寿命を予測してみるとか、結婚線で実際の結婚年齢を予測してみるとか、きっかけは何でも構いません。
実生活に興味を持って取り入れることで、実際に手相に関する様々な知識を知り、ちょっとしたゲーム感覚で当たり外れをみることも楽しくなってきますよ。
もちろんその延長で、人生の大きな判断に応用することも可能です。
ぜひ、手相をご自身の日常生活のスパイスにしてみてはいかがでしょうか。

手相
手相

関連記事

極上のセックスが叶う相手⁈ 感情線と金星帯が示す最高のパートナー

愛の断捨離⁇ 向上線、旅行線、ストレス線、潮時線が示す恋愛の潮時

復活線で分かる終わった恋の顛末 復活はあり得る?どうしても諦められない恋

印象線に大注目 大切な異性との出会いを予知 いつ出会う?あなたの運命の人

情愛線が表す浮気心 隠れた浮気心も見えてくる 情愛線をチェックしよう

歳をとるほど魅力アップ‼︎ 人気・金運の象徴 太陽線