印象線に大注目 大切な異性との出会いを予知 いつ出会う?あなたの運命の人

印象線とは

印象線とは、生命線の内側(親指側)に生命線に沿って伸びる線のことです。生命線に沿って同じように伸びる線には、生命線の意味を2倍にすると言われる二重生命線がありますので、間違えないようにしましょう。濃く太い線が生命線に寄り添って伸びているのは二重生命線、薄く細い線が寄り添っているものを印象線と分けます。

この線は誰もが持っている線ではありませんので、ない方も安心してください。一般的に、印象線は感受性が強い人に現れやすい線だと言われています。反対に現実主義の方にはなかなか現れにくいとも言われています。

印象線がある方はまず、印象線がどこから始まっているかに注目しましょう。そして、生命線の流年法を基準にして、あなたの人生の何歳くらいのところから印象線が始まっているかを見ていきます。生命線の流年法の見方は次の通りです。まず起点は親指の付け根(というより、手首付近にある親指の付け根の骨)です。

1.人差し指と中指の間と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが約20歳

2.中指と薬指の間と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが約30歳

3.薬指と小指の間と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが約40歳

4.小指の外側の付け根と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが50歳

をそれぞれ表しています。これを目安に、何歳くらいから印象線が始まっているかを割り出します。例えば30歳地点より少し上の方から始まった印象線が、長く生命線に沿って伸びている場合は、20代後半で出会った運命の人と、その後の人生を長く一緒に過ごすことを意味しています。印象線が、手首くらいまで伸びている方は、運命の相手と一生を共に過ごすのかもしれません。また、今のあなたの年齢よりも前から印象線が始まっている方は、すでに運命の相手は現れています。心当たりがない方はもう一度考えてみてください。いつもあなたの近くにいて、あなたを助けてくれている異性はいませんか?両方の手に印象線がある場合は、生まれたときから決まっていた運命の相手と、出会いそして結ばれることを表しています。

こんな印象線に気を付けて!

印象線の存在自体が珍しいのですが、印象線にも凶相があります。まず、印象線が途中から2つに分かれ、すぐに1つの線に戻ることで楕円形が出来ているとき(島が出来ているとき)は、相手と共に過ごすことで、あなたが苦しい思いをすることを暗示しています。島の場所を生命線の流年法に照らし合わせて、あなたが何歳の時に苦しい思いをするのか予測しておきましょう。また、大変珍しいのですが、この島から短い線が横に伸び、生命線を横切っているときは、あなたが精神的にも金銭的にも大変な苦労をすることを表しています。裏切られたり、だまされることもあるかもしれません。島ができた後、まだ印象線が伸びている場合は、その大きな苦労を乗り越えることを表しています。反対に印象線の最後に島がある場合は、残念ながらひどい恋の終わりを暗示しています。

また2股に分かれた印象線は、結婚後、もしくは同棲後の離婚や別離の暗示ですし、印象線が途中から生命線と離れていく場合は2人の気持ちが途中から離れていくことを表しています。

手相
手相

関連記事

情愛線が表す浮気心 隠れた浮気心も見えてくる 情愛線をチェックしよう

書くだけでモテる!?モテる人の手相とは 真似して書いてモテ人生を手に入れよう

愛、強運、お金も思い通りに! 手相で創造するハッピーライフ

ホントはこう思っている⁈ 感情線、恋愛線、結婚線が示す相手のホンネ

浮気撲滅!困った浮気の虫 浮気線であなたや彼氏の浮気度チェック

隠された性癖が丸見え!S線とM線で分かる隠しきれないあなたの性癖