金運に関わりがあるほくろの手相

ほくろは良い意味と悪い意味がある

ほくろは、どちらかというと固定的なもので、生来のものが多いと言えます。もちろん紫外線を浴び過ぎたり、年齢を重ねても表れます。それでも手相の線などが、後からほくろを横切ったり、近くに表れることがほとんどです。ほくろは、手の甲よりも掌の方が表れ難いとされています。手相ではほくろを絡めて判定するケースは、数がかなり少なくなります。ほくろが掌に表れる場合、基本的にマイナス要因が多く、その線や丘の意味合いを弱めることになります。例えば生命線上にあれば、生命力や健康への警告などを表すことになるわけです。しかし場所によっては、金運などにとってかなり良い意味にもなります。それでは、この金運に関わりがあるほくろの手相について説明してきます。

財運線上にほくろ

財運線は、小指のつけ根の領域の水星丘に伸びる縦線を指し、財運や金銭感覚を表します。ここにほくろがある場合、集めた財をかすめ取られることを示します。お金のことで妬まれ、財をだまし取られることが考えられます。濃くハッキリと表れた財運線の人は、金運に恵まれ、商才に優れているのですが、そこにほくろがあることで、せっかくの蓄財が一気に無になってしまうようです。信頼していた人に横領されたり、泥棒に入られたりと、金銭面で苦労が絶えないことになります。人からお金の恨みを買わないように寄付や慈善事業などに利益を還元することで、ほくろが薄まることもあります。

掌の中央部にほくろ

火星平原と呼ばれる掌の中央部の領域にほくろがあることがあります。これは福つかみとなり、大変に縁起の良い相として知られています。福つかみの表れる位置は、手を握った際に自然な形にほくろが隠れる場所が最適とされています。生命線や知能線に触れていなければ、多少ずれていても、福つかみと見なします。この場合、強運を手にし、一度つかんだ福を絶対に離さないことを示します。この先ずっと金運に恵まれるとされます。掌のど真ん中にある程、より強運となり金運はさらに高まることになります。稀に見る素晴らしいほくろと言えます。

水星丘にほくろ

小指のつけ根の領域の水星丘にほくろがあることがあります。水星丘は、財運、コミュニケーション能力、発想力を表す丘です。この水星丘にほくろがある場合、金銭面でのトラブルが起こりやすくなるとされます。お金に関わる何らかの損害を被ることが考えられます。商売をしている場合、売り上げが下がったり、取引先とのトラブルも起きやすくなります。家庭内での問題を多くなることもあります。女性の場合、婦人病系の病気に注意が必要かもしれません。水星丘に張りがあり、ツヤが良い場合でも、ほくろがあると、その意味合いを弱めてしまいます。

まとめ・金運では落差が大きいほくろ

ほくろは固定的で生来のものが多いようです。このほくろが掌に表れると、ほとんどの場合、マイナスの要因となりますが、表れる場所によって大吉相になることがわかります。ほくろが財運線上にあると、集めた財を奪い取られることになります。金銭面での苦労が絶えないようです。ほくろが掌の中央部にあると、大変縁起の良い福つかみとなり、強運を持ち、一度つかんだ福は絶対に離さないことになります。ほくろが水星丘にあると、金銭面でのトラブルが多発することになります。家庭内のトラブルや婦人病の可能性も示唆するようです。ほくろの表れる位置で意味合いが大きく異なる言えます。ほくろが秘める意味を把握して、的確に対応したいものです。

手相
手相

関連記事

生命線が薄い手相

手相における女性の太陽線の見方

よく当たる手相占い 右手と左手があなたの宿命と未来を表す

運命線が短い手相

スター線で金運に関わる手相

女性が持っていると幸せな結婚生活を送ることが出来る手相の見方