運命線が枝分かれしている手相の意味

薄くてもなくても問題はない

手相のことが詳しくなくても、運命線という言葉は、良く耳にするのではないでしょうか。運命線は、若い頃は薄かったり、なかったりするのが普通です。しかし中には、幼少期から才能などを発揮して、人生の目標が定まって、濃く表れている人もいます。運命線は、人生の目標などとも関わりが深いと言えます。この運命線は、始点に関わりなく、中指の付け根の領域の土星丘に向かって伸びる線を指します。その名の通り、その人の運命などを読み取ることができます。運命線は、一本真っ直ぐきれいに表れるものばかりでなく、枝分かれすることが結構あります。枝分かれした線の向かう方向によって、様々な意味を持つことになります。それでは、この運命線が枝分かれしている手相の意味について説明していきます。

運命線から枝分かれする上向きの短い支線

この運命線の場合、理想や目標とする段階にはまだ、程遠いのですが、着実に運気が上昇していることを示します。この支線が出ている辺りから、運勢が好転し始めるとされます。今までの苦労が実を結び始めることになります。運命線で運命の変化の時期を推察する際は、知能線と横切る辺りを35才とするのが目安です。幸運体質になると、これらの線がさらに伸び始め、思い描いていた素晴らしい現実になれるはずです。目標などを持っていなくても、幸せに満ち足りた自分を思い描くことで、運命線から上向きの支線が表れたり、長く伸びることもあります。

運命線から木星丘方向に枝分かれする枝線

運命線から枝分かれした線が、人差し指の付け根の領域の木星丘に向かって伸びていることがあります。この場合、強い願望や向上心を持つことになります。努力を積み重ねることで、目標などが達成できるとされます。人に頼らず、自力で運勢を切り開く力もあるようです。聡明さやリーダーシップを持ちます。支配力や名誉にも高い望みを持っていることがあります。目指す目標が髙ければ高い程、大きな結果につながるとされます。この枝線が木星丘に達していると、達成力が強まり、地位や富を手にして大成功者になれるはずです。努力が必ず報われ、大きな幸運に結びつくとされます。

運命線から太陽丘方向に枝分かれする枝線

運命線から枝分かれした線が、薬指の付け根の領域の太陽丘に向かって伸びていることがあります。これは運命線を始点とした太陽線が伸びていることになります。この太陽線は、開運線と呼ばれることもあります。この場合、大吉相となり、運命的な幸運が訪れるとされます。結婚や昇進、独立開業、思いもよらない大金が入ることが考えられます。名誉や名声、人気などを得て財が築けるようです。また芸術的なセンスに優れ、その分野で力が発揮できるとされます。運命線から枝分かれしている位置で、その時期が推察できます。運命線が知能線を横切る辺りを35才とするのが目安です。

まとめ・運勢で左右される大きな成果

運命線は、運命的な出来事などを読み取る線ですが、誰でも若い頃は薄い傾向にあります。人生の目標などとも関わりが深いようです。この運命線には、いろいろな表れ方があり、その中で枝分かれするものがあり、それぞれに意味があることがわかります。上向きの短い支線が枝分かれしていると、今の所不運でも、まもなく運気が好転することを示唆します。木星丘方向に枝分かれしている線があると、強い願望や向上心を持ち、努力を重ねて、目標を達成することになります。太陽丘方向に枝分かれしている線があると、運命的な幸運が訪れることになります。いずれの場合も、運勢が大きな成果をもたらすと言えます。枝分かれしている運命線の意味をしっかりと理解して、活用したいものです。

手相
手相

関連記事

仏眼線と神秘十字線が見えない物を見る力を表す!神秘の能力が手相で分かる

結婚線が長い手相

手相占いでわかる!自力でつかむ金運

危険な放縦線 場合によっては命取り 今は休息第一に 放縦線の正しい見方

手相に現れる努力線から分かるあなたの運勢の見方

インパクト抜群の名前エロ線!飲み会のネタにピッタリ!エロ線の秘密とは