結婚線が2本ある手相

いつの間にか表れていることもある

結婚線は比較的短い線が多いので、見落としやすい線でもあります。表れたり消えてしまうことが頻繁にあり、恋愛や結婚に対する考え方を少し変えるだけでも、変化してしまうと言われています。つい最近までなかったのに、気がついたらいつの間にかあった、なんていうこともあるようです。結婚線は、小指のつけ根のラインと感情線の間で横に伸びる線を指します。ここでは、その人の恋愛や結婚に対する意識や、相手との出会いの時期、
結婚後の傾向などを知ることができます。真横に1本スッキリと伸びているものが理想とされています。しかし、その表れた方は、様々で時として2本表れていることがあります。この2本には、いくつか種類があり2本なりの意味があります。それでは、この結婚線が2本ある手相について説明していきます。

同じ長さの結婚線が2本ある

結婚線が、ほぼ同じ長さのものが2本表れていることがあります。この場合、結婚に安定を求め、相手と向き合う意識が強いとされます。保守的な結婚観を持つようです。相手が向き合ってくれないと、離婚し再婚ということが考えられます。しかし、必ず離婚するとは限りません。新婚気分を2回味わう夫婦の場合もあります。財運にも影響力があり、お金の巡りが良くなるようです。生殖器が健全な状態にあり、子宝に恵まれるという意味合いもあります。線に乱れのない程、これらの傾向は強まります。経済的に安定し、子沢山の幸せな家庭が築けるはずです。

結婚線に沿って上か下に短い線がある

ハッキリと1本伸びた結婚線に沿って上か下に短い線が表れていることがあります。この場合、結婚以外の出会い運が強まるとされます。小さなトキメキや、浮気願望の表れということもあります。ちょっとした火遊び程度の出会いが考えられます。たいていの場合、大事には至らないので、深刻に受け止める必要はなさそうです。しかし、これをそのまま放っておくと、浮気や不倫につながる可能性が高まります。また結婚線の本線が下降したり、短かった線が長く伸び始めると、浮気などが危機的な状態になっていることを表します。この線が表れたら、初期段階で収めることが大切です。

2本の結婚線が1本になる

2本で伸びていた結婚線が1本に合流していることがあります。この場合、結婚に際して、何らかの障害があり、それを乗り越えて結婚することを示します。この障害には、家族や周囲の反対、仕事を辞めるか続けるか、年齢差、国際結婚、家柄といったものが考えられます。交際期間中は、何かと辛いことが多くなるようです。しかし、絆を深めて、障害が必ず乗り越えられて結婚することになります。なかなかスムーズに結婚には向かわないのですが、諦めないで愛を育むことができます。合流後の線が濃い程、結婚後の幸せがより大きいものになるとされています。

まとめ・意味を見極めて対応する

結婚線は、その人の恋愛や結婚に対する考え方に変化があると、頻繁に表れたり消えたりする線として知られています。この表れ方は2本のこともあり、この2本の中でも、いくつか種類があって、それぞれに意味があることがわかります。結婚線が2本あると、相手と向き合う意識が強いことになります。しっかりと向き合えない場合、離婚・再婚するケースもあります。結婚線の上か下に短い平行線があると、結婚以外の出会いがあることになります。浮気願望の表れや、火遊び程度の出会いということもあります。2本の結婚線が1本になると、障害を乗り越えて結婚することになります。これらの結婚線が表れたら、しっかりと見極めて対応したいものです。

手相
手相

関連記事

よく当たる手相占い 右手と左手があなたの宿命と未来を表す

手相から分かるますかけ線を持つ人の運勢の見方

左右10本の指も手相の一部 左右の指が表すものとは?手相は総合的に判断しよう

結婚線が枝分かれしている手相

陰徳線で分かる良いこと貯金の貯まり具合 善行が貯まると大きな幸せを呼ぶ

生殖線ですぐ分かる 子供好き必見!あなたの将来の子供の数は?