結婚線が薄い手相とは

結婚線の傾向からその人の結婚を知る

手相で関心が高いのは、何と言っても恋愛や結婚ではないでしょうか。金運や仕事運と共に、知りたい手相の一つになっています。最近は、初婚年齢が高くなったり、離婚率が高かかったりと、結婚事情もかなり変化してきているようです。この結婚に影響力が大きい結婚線は、小指の付け根と感情線の間で伸びる横線を指します。短いものが多く、見落としやすい線でもあります。この結婚線では、その人の恋愛や結婚に関する考え方や、恋愛や結婚相手と出会える時期、結婚後の傾向などを読み取ることができます。結婚線は本数や形状で、いろいろなものがありますが、薄く表れることもあります。それでは、この結婚線が薄い手相について説明していきます。

薄いシワのような結婚線がある

結婚線が薄いシワのようになって表れていることがあります。何本も薄いシワがあることもあります。この場合、感性が鋭く恋愛のチャンスが多くなることを示します。結婚のチャンスにも恵まれるようです。直感が冴えているので、一目惚れしやすい傾向にあります。振られても、めげずにすぐ次の恋愛に向き合えます。惚れやすく惚れられやすいので、恋愛の回数は増えるはずです。恋愛を楽しむあまり、相手を一人に絞り切れず、婚期を逃すことも考えられます。また年齢が高くなるほど、出会いが減るので、どこかで区切りをつけた方が良さそうです。

薄くて細い結婚線がある

結婚線が薄く表れていることがあります。結婚線が目立たなかったリ短い時も、同様の意味を持ちます。この場合、恋愛や結婚に対する意気込みなどが弱いことを示します。執着心があまりなく、関心もあまりないようです。結婚はまだ先のことと考えていることになります。独身を気楽と感じていたり、家庭をつくる自信がないことも考えられます。生涯連れ添うことになる恋愛相手に巡り合いたい、幸せな結婚がしたいと、強く意識していると、線が濃くなるはずです。また親や友人のツテを頼りにしても、結婚を望む意志が固いと線は濃くなり、しっかりとしたものになります。

薄くキレギレの結婚線がある

結婚線が薄く、キレギレに表れていることがあります。きれいに一本につながっていないものを指します。この場合、結婚運が不安定なことを示します。相手に対して不満があったり、なんらかの結婚の障壁があることが考えられます。相手に飽きてしまい、愛情が冷めているとこの相が表れやすいようです。しかし、二人の関係が破局に向かうことはなく、既婚者の場合でも、離婚に至る程の危機にはなりません。この結婚線が表れている限り、相手を替えたとしても、同じ結果になりやすいとされます。愛情を高めたり、結婚を第一に考えていると、線がハッキリするばずです。

まとめ・結婚に対する意識を反映する

結婚に影響力が大きい結婚線ですが、小さいものが多く、薄いとより一層見分けにくいものになります。薄い結婚線の表れ方は、基本的に細く、それぞれに意味があることがわかります。薄いシワのような線だと、恋愛や結婚のチャンスに恵まれることになります。相手を絞り切れずに婚期を逃すこともあるようです。薄くて細い線では、恋愛や結婚に対する意気込みが弱いことになります。結婚を強く意識すると濃くなるようです。薄くキレギレの線だと、結婚運が不安定なことになります。しかし、破局には向かわないとされます。いずれも恋愛や結婚で注意する点がある程度で、致命的なものはありません。薄い結婚線のメッセージをしっかりと受け止めたいものです。

手相
手相

関連記事

結婚線が長い手相

女性の金運に関わる手相の見方

運命線が短い手相

混同注意マネージメント線とソロモン環 紛らわしい2つの線は意味が違いすぎる

よく当たる手相占い 右手と左手があなたの宿命と未来を表す

左右10本の指も手相の一部 左右の指が表すものとは?手相は総合的に判断しよう