あなたの晩年を手相でチェック!幸福になれる手相なれない手相とは?

晩年とは

晩年とは、人生の最後、死期に近づいている時期のことです。どんな生き方をしても、どこに行っても、何をしていても、人生には必ず終わりがきます。限りある人生だからこそ、有意義に過ごさなければいけませんね。また、若いときにどんなに面白おかしく生きられても、晩年は寂しい思いをしながら1人で過ごしているという方も多くおられます。

幸せの感じ方は人それぞれですが、あなたが望むような晩年を過ごすことができるか、気になったことはありませんか?今日はあなたの晩年について占ってみたいと思います。

この相があれば安心!?晩年が怖くない相

1.分かれた運命線

運命線とは、中指の下に、下から中指に向かって伸びるまっすぐの線です。この線の終点が2股や3股に分かれている方は、名声や財運を持って晩年を迎えられることを表しています。2股より3股の方が意味合いが強く、3股は最強の晩年運を持っていることを示しています。

この相を持っている方は若い頃は苦労することが多いです。この記事を参考に手相を見たら、この相があったという方は、今現在、結果が伴わないことを繰り返し行う必要があったり、仕事の成果がなかなか出なかったり、また誰にも認めてもらえないなど、厳しい状況にいる方が多いのではないでしょうか。ただし、この手相を持っている方に限っては、あなたの努力が必ず報われることを手相が示していますので、諦めずに続けるようにすると良いでしょう。人生の後半以降、あなたの努力が実を結ぶ暗示が出ています。

同時に長寿の相でもありますので、あなたが長寿を全うし幸せな晩年を迎えることを示しています。

2.分かれた生命線

生命線の終点が太く濃い線のまま2股に分かれている方も、エネルギーに溢れた元気な晩年を迎えられることを示しています。いつまでも若々しい考え方と体力を持ち、色んなことにチャレンジするなど好奇心を満たす生き方が出来そうです。

また、何らかの事情で独身の方も、人生の後半以降に再び良い出会いがあり、もしかすると結婚に結び付くようなことがあるかもしれません。

3.運命線が薬指の方に曲がっている人

運命線の終点(上の方)が薬指の方に向いている方は、晩年も金銭的に苦労しないことを表しています。何とか長生きできても、金銭的に苦労をしていると、病気のときに我慢することになったり、何らかの痛みを我慢することになるなど、一言で幸せかと言われると首を傾げてしまうことがあるかもしれませんが、この手相を持つ方は、お金の心配は必要なさそうです。

4.感情線より先の運命線が二重線になっている人

感情線より上の方の運命線が二重になっている方は、生涯において現役で仕事を続けることを表しています。生活のため、と言うよりも仕事に生きがいを感じている状態です。またこの相がある方は頭が良く見た目がいつまでも若いという特徴を持っています。体力も伴っているので、仕事だけでなく何か趣味を見つけるのも良いでしょう。年齢を言い訳にせず色んなことができる運を持っている方です。

似たような相で、感情線の上で運命線が補助線と切り替わっている方も、同じように晩年まで仕事運や体力に恵まれるでしょう。仕事以外でも没頭できる趣味を見つけられそうです。

手相
手相

関連記事

手相には金運線と呼ばれるものがある

悲哀線があなたの過去の悲しみを表す 悲哀線ができやすいタイプとその理由

嫌な手相!?短気は手相にも表れる 短気線で分かる短気の兆候を一挙紹介

手相占いでわかる!自力でつかむ金運

運命線がない手相

生命線上に現れるサインが教えてくれる手相占いで分かる未来