生命線が切れてる手相

生命線の表れ方は様々

人差し指と親指のつけ根の間から手首に向かってカーブを描いている線を生命線と呼びます。ここでは、その人の持っている生命力、健康状態、体力、気力などを読み取ることができます。ストレスの影響を受けやすいのが特徴的で、親指のつけ根の領域の金星丘の張りによって、長さなどが変わり、濃さも人それぞれです。薄い生命線でも、金星丘が張っていれば、生命力は旺盛なことになります。しかし切れていると、濃くても金星丘が張っていても、生命力や運気のダウンにつながるとされます。生命線は、形よくきれいに表れているものばかりではありません。中には途中て切れていることも結構あります。それでは、この生命線が切れてる手相について説明していきます。

生命線が切れていて空白がある

生命線の一部が途切れて空白になっていることがあります。この場合、その時期に生命力や体力、運気が落ちるとされます。空白でなくても、薄い場合は、ほぼ同様な意味を持つことになります。気力や根気が続かないので、物事を成し遂げる力は弱まります。いろいろな運気が落ちているので、病気やケガ以外にも、細心の注意が必要と言えます。以前に生命力が強かった人程、ダメージが大きくなるようです。しかし、運気は確実に復活するので、心配は入りません。この時期は、人差し指と中指の間から垂線を下して、生命線と交差する点を20才とするのが目安です。

生命線が切れていて空白の内側か外側に線がある

生命線が途切れていて、その部分の内側か外側に補助線が表れていることがあります。この場合、この空白の期間は運気が低迷しますが、補助線がそのダメージを補ってくれるとされます。気力や体力が弱まるものの、誰かの助力を得て、乗り切れることが考えられます。病気やケガをする可能性も高まりますが、回復が早かったり、限定されたダメージで済むこともあります。しかし、基本的に様々な運気がダウンしているので、油断せずに慎重に行動した方が良さそうです。新しく事業を始めたり、環境を変えることも時期をズラす必要があります。こちらも表れている位置で時期が推察できます。

生命線に切れや切り替わりがありそこに四角紋がある

生命線が切れていたり切り替わりがあり、そこに四角紋が表れていることがあります。この場合、生命力が切り替わり、運気がダウンしますが、四角紋が生命力の弱さや不運をカバーしてくれるとされます。精神面でも弱さが目立つようになり、ストレスを溜めやすくなりますが、何らかのストレス解消が見つかるはずです。もしこの期間に病気をしたとしても、大病ならないことが考えられます。一時的な運気の低迷期をスムーズに乗り切ることができます。しかし、健康を甘くみず、言動にも慎重さが要求されます。こちらも表れている位置で時期が推察できます。

まとめ・生命力の低迷期がどうなるかがわかる

生命線と関わりの深い金星丘の張りが良くツヤが良くても、生命線が切れていると生命力は弱まります。生命線が切れている手相のバリエーションは、いくつかありますが、完全に途切れているものと、それを補うものがあることがわかります。生命線が切れていると、その空白期に一時的に生命力が弱まり、気力や体力が減退することになります。生命線に切れがあり、その内外に補助線があると、生命力や気力などが弱まるものの、そのダメージが補われることになります。生命線に切れや切り替わりがあり、そこに四角紋があると、生命力の弱さと不運がカバーできることになります。生命線に切れがあったとしても、その周囲を良く見て、しっかりと意味を理解したいものです。

手相
手相

関連記事

右手か左手のどちらを見ればいいか迷った時の手相の見方

手首線からあなたの運勢が分かる手相占い

自分には運命線がないと思う方に読んでほしい手相の見方

運命線がない手相

健康な体は永遠のテーマ 健康線からの警告に耳を傾けながら健康管理

手相に現れる反抗線から分かる性格や適性の見方