発想の転換 大胆な開運の方法 好きな色で手相を書いて手軽に開運

あなたの手相は?

これまで、いろんな手相をご紹介してきましたが、あなたに当てはまるラッキーな手相はありましたか?「めったにないけれどこの相を持つ方は最強の幸運を持っている」なんて手相を見ると、羨ましい気持ちになると思います。

では、良い手相を持ってない方は諦める、もしくは良い手相になるのを待つしかないのでしょうか。決してそんなことはありません。単純明快な話ですが、

無い手相は書けば良い

ということ。こんな手相だったら、あの人の心を掴めるかも。あんな手相だったら、仕事が成功するかも。そんな手相があったら早速書き足してみましょう。何もしないで待っているよりは絶対行動起こす方が良いはずです。

手相を書く

用意したいものは水性ペンです。手相を書くときに向いていると言われる色は金と銀だと言う方が多いのですが「好きな色で書いて良いですよ」と言う考え方もあるようです。

近年カラーセラピーという言葉もあるように、色には色んな意味や効果があることが分かって来ています。例えば、みんなで楽しく過ごす部屋は暖色系を、また集中したいときには寒色系の部屋が良いとされていますね。その他にも色ごとに色んな意味がありますので、自分の好きな色で手相を書きたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

・赤

情熱的でエネルギーの強い色です。生命的な強さやプラスの行動をもたらす働きがありますが、行き過ぎると攻撃的な色にもなってしまいます。

・青

知性や誠実さ、冷静という意味がある色です。海や空の色としても馴染みが深い色で、私たちに落ち着きや決断力、癒しのパワーをくれるでしょう。しかし気分が落ち込んでいるときには無気力になってしまうので避けたい色でもあります。

・黄

心を元気にしてくれる色です。光に近い色でもあり心を元気にしてくれる効果があります。脳の働きを活性化してくれるので、的確な答えが欲しいときの使用も効果的な色ですが、計算高くなりすぎたり、考え過ぎて悲観的になってしまう恐れがありますので注意が必要です。

・緑

緑は植物の色ですね。バランスや調和、安心感や安らぎを表す色で、心を安定させてくれます。その結果広い心を持つことができ、良識に基づいた答えを出すことができるでしょう。しかしその半面、意味もなく不安になったり、進展よりも停滞を選んでしまう傾向があるので注意しましょう。

・ピンク

母性や恋愛の象徴の色です。献身の心を表す色でもあり人に対して優しい心で接することができるでしょう。ただし、人に尽くし過ぎて依存のような状態になったり、不安になったりすることも多く、また傷つきやすい心を表す色でもあります。優しさの裏側に弱さが隠れた色という一面がありますので気をつけましょう。

・オレンジ

活動的で軽快、自然な行動と朗らかな心で周囲の人を自然と和ませてくれる色です。社交的な色でもあるので人と人の仲を取り持ったり、楽しい時間を過ごすことに向いていますが、その半面、憂鬱さや弱さ、無気力という意味も持っていますので、多用は避けたいですね。

色が決まったら

それぞれの色の長所と短所を見極めた上で、手相を書く色が決まったら、あとは、あなたが欲しい相を書き足すだけです。消えたら書き足す。いつか本物の相になるようにと願いを込めて、楽しい気持ちで書きましょう。

手相
手相

関連記事

手首の線も手相の一種!手首に現れるあなたの健康と幸運の三角紋とは

結婚線が長い手相

手相は総合的に判断!手相の意味を強める 手の形や大きさが表すあの人の性格

陰徳線で分かる良いこと貯金の貯まり具合 善行が貯まると大きな幸せを呼ぶ

手相に現れるフィッシュで分かるこれから起こる幸運の見方

旅行線は遠くに行く暗示?地元を離れて遠くで暮らす人にもある旅行線が表すもの