災害線は災害の予兆!?災害をいち早く察知し回避する方法 運命線と混同注意

災害線とは?

災害線とは、中指の下から人差し指の下あたりに縦に伸びる線のことです。中指の下の縦の線と言うと運命線と混同しやすいので、まずは簡単な見分け方からご説明します。

・運命線は下から上に伸びている

・災害線は上から下に垂れるように伸びている

災害線は上の方が一番濃く太く、下にいくにつれだんだんと薄く細くなっています。簡単に見分けられますので混同に注意しましょう。太い線ですのですぐに分かると思います。

災害線が現れる意味は?

災害線はこれからあなたの身に降りかかる災害を予知しています。と言っても明確に時期が分かるものでもなく、一説によると3年前くらいから災害線が出ることもあるそうです。時期が最大で3年もずれるとなると、なかなか災害に対して注意をし続けることは難しいかもしれませんが、自然災害は別として人の恨みを買わないようにする、周囲の人と仲良く協力する、移動時の安全対策など出来る範囲で気をつけるようにしたいですね。

あなたの身に降りかかる災害の大きさ

災害線の始点を見てみましょう。始点に米印(星印)や十字がありませんか?この場合、通常の災害線よりも意味合いが強くなりますので、より注意が必要です。

そして、更に注意したいのが下の方まで伸びた災害線です。下まで伸びて生命線に到達するような災害線は、生命に関わるような大きな災害を暗示しています。また、生命線を超えて親指の方まで入ってきている場合は、生命線に到達する災害線よりも更に意味合いが強まります。この線が出ている間は、危険なことは避けた方が良いでしょう。

この場合は生命線上、災害線が横切っている場所に注目してください。生命線の流年法を用いることで、ある程度の年齢を知ることができます。

ここで生命線の流年法の見方を説明します。起点は親指の付け根(というより、手首付近にある親指の付け根の骨)です。

1.人差し指と中指の間と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが約20歳

2.中指と薬指の間と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが約30歳

3.薬指と小指の間と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが約40歳

4.小指の外側の付け根と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが50歳

をそれぞれ表しています。流年法を目安に、災害が起こる年齢を予想しておきましょう。

また災害線が知能線を横切っている場合は、頭部への注意が必要です。転倒や転落などの可能性の暗示ですので、危険なことをするのを避けてください。

知能線の流年法を簡単に説明します。

1.知能線の始点(親指側)が15歳、終点が100歳

2.中間地点が35歳

3.15歳と35歳の真ん中が23歳

4.35歳と100歳の真ん中が55歳

5.15歳と23歳の間が19歳、23歳と35歳の間が28歳、35歳と55歳の間が43歳、55歳と100歳の間が75歳

生命線と知能線を両方とも横切る災害線は何らかの災害により頭部へ命に関わるような障害を受けることを暗示しています。

流年法を用いて、時期をしっかり見極めることで、災害を回避するのが本来の災害線の有効な使い方です。災害線は死刑宣告ではありません。しっかり備えてしっかり回避できれば災害線は消えます。悲観するのではなく、災害線を消すよう努力することが一番大切です。

手相
手相

関連記事

手相が教えてくれるあなたに近付いている災難の見方

ユーモア線は人を楽しませる天才に出現!言葉の魔術師ユーモア線を持つ人

あなたのこれからの恋愛の動きが分かる手相占い

女性の良妻賢母度が分かる手相の見方

手相にシドニー線がある場合の運勢の見方

ビューティー線を確認 特殊な才能を生かして大成功!趣味が仕事になる手相