ビア・ラシビア線とは?束縛を嫌い自由を愛する気楽なビア・ラシビア線の秘密

ビア・ラシビアとは

ビア・ラシビアとはインドの言葉で雲とか自由という意味があるそうです。日本語では太陰環とも言い、放縦線と同じところに出るため間違われやすい線でもありますが、放縦線は手のひらだけに、ビア・ラシビアは手の甲から線がつながっていますのでしっかり区別しましょう。ビア・ラシビアは手首の小指側、そのすぐ上の部分から横や下に伸びている線です。

ビア・ラシビアを持つ人の性格

ビア・ラシビアがある方の性格はまず非常に自由気ままということです。何者にも束縛されることを嫌います。そのため異性との交際が長続きしなかったり、職を転々とする傾向が強いという特徴があります。自由が好きというより自由でないと気が済みません。計画を立ててコツコツ物事を進めるのも苦手です。ビア・ラシビアが太かったり濃かったりするとその傾向が強くなります。

自由が大好きで勝手気ままに生きたいと思っていますが、直感力が鋭く不思議と危険は回避できてしまいます。そのため、周囲から見ていると、勝手に生きているのか計算されているのかわからないことも…。また霊感が優れているという見方をする方もいます。

ビア・ラシビアを持っている方はその自由を愛する性質ゆえ、独立し自営業をやりたいと思っていますが、コツコツ続けることが苦手なので失敗しやすい傾向があります。そのためビア・ラシビアがある方で独立を考えておられる方は、成功を掴むまでは必ずやり抜くという気持ちを持つことが大切です。

また反対に、強く自由を求めている方にも出やすい相です。交際中の異性と別れたい方や離婚したくてたまらない方、また配偶者の両親と同居されている方や仕事を辞めたい方など、現状に我慢ができず、自由になりたいと強く思っているうちにビア・ラシビアが出現するのもよくある話です。

ビア・ラシビアを持つ方の適職は?

直感力が優れていることもあり、占い師も適職ですが、普通の会社の部署で見てみると、比較的時間に余裕がある外回りの営業職や出張、転勤が多いバイヤーなどが向いています。反対に工場内作業など単純なことの繰り返しは苦痛しか感じないようです。

色んなビア・ラシビア

1.途中でカーブして生命線の終点の方に向かっている

とてもマイペースな方です。同じことをするのでも、自分で考え付いたことなら進んでやるのですが、他人から指示されるととたんにやる気がなくなってしまいます。また恋愛面では浮気性な方が多い相でもあります。

2.ビア・ラシビアと運命線が一緒に下降している

浮世離れしているタイプです。人から「変わってる」と言われることが多いタイプでもあります。時間に縛られるのが大嫌いで、時間を気にしないで済むような生活に憧れています。またこの相は霊感が強いことを暗示しています。

3.ビア・ラシビアが生命線から出ている旅行線とクロスしている

起業することよりも、自分が何か好きに行動することが仕事になればいいなと思っています。そのため従業員を雇ったりはできないタイプです。現状に不満を持っていることを暗示する相でもあります。

4.複数のビア・ラシビアが旅行線とクロスしている

仕事にも恋愛にも、とにかく自由を求めています。他人が敷いたレールの上を進むのが嫌いで、自分が進む道は自分で切り開く強さを持っています。ですので転職が多くなる他、異性との交際人数も多くなるでしょう。

手相
手相

関連記事

健康な体は永遠のテーマ 健康線からの警告に耳を傾けながら健康管理

直感線は霊感の証 別名水星環 本質を見るスピリチュアルな目の象徴とは

気になる男性の手相をチェックして分かるストーカー気質の見方

自分の力で開運させる 高貴な色で手相を書こう 色が持つ意味と手相への影響

不動産線で不動産を購入するのに最適な時期が分かる 大きな買い物こそ慎重に

手相における女性の恋愛の見方