手首線からあなたの運勢が分かる手相占い

手首線とは

「手首線」とは、手首に刻まれる線のことを言います。2本から4本程度あるのが普通で、ごくまれですが手首線がない人もいます。手首線からは健康状態を知ることも出来、くっきりと刻まれた手首線は健康体。逆に鎖状の手首線は虚弱体質を意味しています。もし、生命線がしっかりしていても手首線が鎖状であれば、虚弱体質であるとみることも出来ます。逆に弱々しい生命線であっても、手首線が明瞭であれば生命線の弱々しさを手首線が補ってくれます。

理想的な手首線の見方

明瞭な手首線が3本あるのが、最も理想的な手首線の状態とされています。手首線がはっきりしているほど、疲れ知らずで健康状態が良いことを示しています。

真ん中が窪んでいる手首線

手首線は、子宮や生殖器の異常の有無も示しています。手首線の真ん中が窪んでいる場合(中指に向かって真ん中が山の様に盛り上がっている手首線)は、子宮に何らかの疾患を抱えている可能性があります。また、生殖器と関係が深いとされる小指が短かったり、曲がっていたりする場合は、その可能性が更に高くなります。この相は子供が出来にくい人によく見られるもので、子供を産みたいと考えている人は身体を冷やさない様にするなど、体質改善に向けての努力をした方がいいでしょう。

手首線と土台線から成る三角形

手首線から山の様に立ち上がる線を土台線と言います。手首線と合わせると三角形が出来ますが、これはとても良い相とされています。

(上の「真ん中が窪んでいる手首線」と似ているのですが、こちらは手首線そのものが山状になっている場合。土台線は手首線の途中から出ている線になります。)

この相は名前の通り、「しっかりとした土台を持っている」意味の吉相です。土台線のある地丘は、ご先祖や因縁を示す場所で、山型の土台線は、先祖からの恩恵を受けたり、親族と深い縁を持ったりすることを示しています。何代も伝わる家業を継いだり、技術や芸を受け継いだりという事もあります。

それぞれの手首線が持つ意味

手首線は通常2本から4本程度あるものとされていますが、それぞれの線が別の意味を持つという考え方もあります。それでは見ていきましょう。手の平に近い方から1本目、2本目と数えていきます。どの線であっても太く長い線であれば、吉相とされています。

1本目の線

1本目の線は健康状態を示しており、しっかりした線は健康そのものの状態を表しています。

2本目の線

2本目の線は、幸福や成功を意味しています。この線が明瞭であれば富や財産を手に入れることが出来るかもしれません。一方、この線が二股に分かれていたり途切れていたりしていたら、お金に苦労することも。

3本目の線

3本目の手首線までいくと、ない人も多いのですが、くっきりした3本目の手首線がある人は、多くの人に影響を与える存在となりそうです。

4本目の線

手首線が4本ある人はとても少なく、くっきりしているか否かに関わらず、子宝に恵まれて長生きする傾向にあります。

他の線よりも分かりやすい手首線

あなたの手首線は何本ありましたか。手首線はとてもシンプルで占いやすい線なので、周りの方の手首線もぜひ占ってみて下さいね。

手相
手相

関連記事

手相の中でも吉相と言われるラッキーMが意味するもの

晩年に花開くタイプの人に多く現れる手相の見方

手相で一般的に言われるモテ線とは

発想の転換 大胆な開運の方法 好きな色で手相を書いて手軽に開運

覚えておきたい幸運の証 手相が教える運気上昇の兆しとは チャンスを掴もう!

運命線がない手相