手相占いで結婚に関わる結婚線

生涯を大きく左右させる線

女性に人気のある手相と言えば、真っ先に挙げられるのが、結婚線ではないでしょうか。それだけ女性の関心が高いものを占うことになり、その人の生涯を大きく左右することも考えられます。結婚線は女性ばかりでなく、男性にも影響力を持ちます。結婚線は、小指の付け根と感情線の間で横に伸びる線を指します。この結婚線では、その人の恋愛や結婚に関する考え方、結婚後の傾向などを知ることができます。結婚相手や、結婚まで行かなくても強く印象に残る恋愛相手の出会いも示唆します。結婚線の代表的な観点は、本数や長さとなります。この他、枝分かれや向きなども観点になります。無かったり薄い場合は、結婚に対する意気込みが弱いことになります。それでは、手相占いにおける結婚線について説明していきます。

1本か2本の結婚線

結婚線が1本表れている場合、生涯一人の人と連れ添うことを示します。恋愛から順調に発展していき、結婚に至り、ずーっと好きでいられはずです。幸せに満ちた結婚生活になり、家庭運にも恵まれるとされます。近い将来、結婚を意識した相手と出会えることもあります。結婚線が2本表れている場合、結婚を2回するか、生涯印象に残るほどの大恋愛を2回することを示します。しかし、必ず2回するわけでなく、初心を振り返って、再度絆が深まることも考えられます。結婚線が1本の人と同じ長さのものが2本の人は、保守的な結婚観を持つようです。

3本以上か複数の結婚線

結婚線が3本以上表れている場合、出会いや結婚のチャンスが多いことを示します。大恋愛を何回もしたり、結婚するチャンスが何回も訪れるようです。チャンスが多く、一人に絞り切れず、婚期を逃すこともあります。結婚後に、結婚を意識するような別の異性が現れることも考えられます。薄い結婚線が複数表れる場合、感受性が豊かな上に、恋愛や結婚のチャンスに恵まれることを示します。惚れやすく、人から惚れられやすい傾向にあります。こちらもチャンスが多く一人に絞り切れず、婚期が遅れたりします。年を追うごとにチャンスは減っていくので、どこかで決断することが大切です。

長い結婚線

結婚線の長さの基準は、太陽線に達していたり、越えているとかなり長いものになります。通常小指の付け根の領域の中程でも、長めとなります。太陽線は、薬指の付け根の領域に表れる縦線です。結婚線が長く表れている場合、幸せに満ち足りた結婚ができるとされます。経済的に恵まれた相手と結婚する可能性が高くなります。女性の場合、玉の輿に乗れる相として知られています。太陽線を越えている場合、結婚の際の甘言に注意が必要とされます。結婚話は慎重に事を進めた方が良いとされます。しかし、良い出会いはあるので、しっかりと見極めたいものです。

まとめ・本数や長さは見極めやすい

結婚線は、恋愛や結婚に関する考え方を表す線です。結婚線は本数や長さで、いろいろな意味を持つことがわかります。1本か2本の結婚線は、保守的な結婚観を持つことになります。1本の場合、生涯一人の人と添い遂げることを示唆します。3本以上の複数の結婚線では、出会いや結婚のチャンスが多くなることになります。感受性が強くなる分、惚れやすいようです。長い結婚線では、経済的に恵まれた結婚を示唆することになります。女性にとってありがたい玉の輿の手相は、これにあたります。結婚や恋愛のチャンスが多くなると、一人に絞り切れず、婚期が遅くなることもあるとされます。結婚線は、小さいものが多いのですが、わかりやすい本数や長さで、意味を見極めたいものです。

手相
手相

関連記事

悪い金運の手相

希望線の長さで占うあなたや彼の出世度は?隠していた野心が丸見えに!?

より詳細にわかる!女性に対応した手相の見方を解説

財運線で分かるお金が貯まる手相とは 財運線が教えるお金を残す能力

ビア・ラシビア線とは?束縛を嫌い自由を愛する気楽なビア・ラシビア線の秘密

手首線からあなたの運勢が分かる手相占い