よく当たる手相占い 右手と左手があなたの宿命と未来を表す

手相占い どっちの手を見る?

まず始めに、手相占いについて簡単に説明します。手相占いとは手のひらにある掌線と呼ばれる線や肉のつきかたなどの手の形に注意してその人の恋愛運や結婚運、健康運や金運などを始めとする様々な運勢を占うことです。

そこでまず始めに気になるのが「右手と左手では手相が違う」ということ。どちらを見るのが正解なのかと言うこと。これに関しては諸説あり「この見方が絶対的に正しい」という考え方はないようです。そのため、東洋西洋、また時代によって様々な考え方があるのですが現在は両手の手相をみて総合的に判断するという考え方が一般的です。

すると次に気になってくるのは「両手の手相で総合的に判断するとなると、右手と左手、それぞれ何を表しているのか」ということではないでしょうか。

右手と左手

まずは右手と左手の手相が意味しているものを説明します。最初は右利きの場合です。手相占いでは、左手は生まれつきの本来の自分、先天的なものや持って生まれた素質や才能、潜在能力などを表します。環境によって左右されないありのままのあなた自身の象徴です。

右手は環境によって作られた後天的なあなたの姿、これまでの人生から得た今のあなたを表しています。これまでのあなたの人生の中で、様々なきっかけで出会った人や出来事の全てが今のあなたを作り出しています。右手の手相はあなたが今まで生きてきた姿をうつすものです。

左利きの人は反対です。左手が後天的な自分、環境によって得た自分を表し、右手が生まれつきの、ありのままの自分を表しています。

よって、右利きの人の場合、運命など自分の生まれついた性質や持って生まれたものに関しては左手の手相を参考にすれば良いですし、これからのこと、具体的には現在の恋愛の行方などを占う場合は右手の手相をみて判断すればいいということになります。左利きの人はもちろん逆ですね。

消極的な手と積極的な手

では次に、消極的な手と積極的な手について説明します。まず右手と左手の指を組んでみてください。恋人つなぎのようにしたとき、上側(外側)にある親指は左右どちらの親指ですか?

左手の親指が上側(外側)にきた人は、左手が消極的な手、右手が積極的な手です。反対に右手の親指が上側(外側)にきた人は、右手が消極的な手、左手が積極的な手となります。ちなみに右手が積極的な手の人は全体の30%で直感型、左手が積極的な手の人は全体の70%で合理的で様々な場面にうまく適応することができる人だと言われています。

では消極的な手、積極的な手、それぞれが持つ意味ですが、消極的な手は先天的なもの、持って生まれた素質や才能、性格などを表し、積極的な手は後天的なもの、現在の自分や未来を表しています。

それぞれの考え方

実はこの2つの考え方には矛盾があります。右利きの人は左手が生まれつきの性質を持っているはずなのに、指の組み方次第では左手が未来を表すこともあるんです。(左手が積極的な手の場合)

この矛盾こそが流派や考え方の違いです。この矛盾を解消するため、両手の手相や大きさ肉のつき方などみて総合的に判断するという考え方が主流となったのです。

占いとは幸せになるための近道のことです。チャンスを生かす手伝いや、過去を振り返り反省や経験を未来に生かすためにあるものだと思います。それなのに、占いの結果が悪かったからと落ち込んで何も手につかなくなるようでは本末転倒。

幸せになるために、上手に占いと向き合ってください。

手相
手相

関連記事

薄い・しわしわの手相

太陽線は大切な財産の象徴!人気や金運・信頼や成功を全部太陽線が表す

悲哀線があなたの過去の悲しみを表す 悲哀線ができやすいタイプとその理由

手相における女性の恋愛の見方

運命線であなたの生き方や運命が見える!恋愛事情や人間関係はここで判断

右手で見る手相占い