手相における女性の恋愛の見方

恋愛観に男女差はある

女性が手相で鑑定してもらう相談内容で、一番多いのは恋愛ではないでしょうか。それだけ恋愛に関心が高いと言えます。手相では、男性も女性も恋愛や結婚について判定する線は、主に結婚線や感情線になることに違いはありません。しかし、恋愛や結婚に対する価値観には、若干の違いがあるので、それに基づいて判定することになります。男性らしさや男性的の魅力、女性らしさや女性特有の魅力というものがあります。一口に魅力にあふれていると言っても、男女で同じことを指すとは限らないのです。女性がモテると思っている女性像は、男性にとってそれほど魅力的に映らないこともあります。またその逆もあるようです。そこから性別に応じた見方が生まれたのかもしれません。それでは、この手相における女性の恋愛の見方について説明していきます。

感情線の先端に上向き支線がある

感情線の先端に上向き支線があったり、濃く長く伸びていることがあります。これらが表れている場合、恋愛に積極的な気持ちを持っていることになります。明るく社交的な性格になり、女性的な気遣いができるようです。今まで恋愛に対して消極的だった女性が、急に出会いの場に行き出すと、この相が表れることもあります。恋愛を欲しているようです。出会いのチャンスが訪れることも示唆します。今まで友達と思っていた異性と恋愛関係になることも考えられます。新しく気になる異性が登場することもあります。恋愛に期待が持てる手相になります。

長めで濃い結婚線がある

結婚線が長く濃く表れることがあります。小指の幅よりも長ければ長めとなり、太陽線に届いていたり、太陽線を越えているもののあります。これらの場合、良い恋愛や結婚ができるとされます。良い恋愛や結婚に対して、努力を惜しまないようです。幸せな結婚につながる恋愛相手と出会えることになります。経済的に恵まれて、玉の輿に乗れるはずです。恋愛期間中に財産がない相手でも、結婚後に大成功する可能性が高まります。特に太陽線に届ている場合、地位や財産に恵まれる結婚ができます。幸せに満ち足りた結婚生活につながる恋愛ができます。

金星帯がある

人差し指と中指の間から薬指と小指の間にかけて弧を描いて線が表れることがあります。これは金星帯と呼ばれるもので、異性に関する感受性や色気などを表す線です。この金星帯が表れていると、情熱的な恋愛ができるとされます。出会い運に恵まれているので、自分が理想としている相手に出会えるはずです。現状、色気がないとしても、女を磨けば、男性を惹きつける色気が漂うようになります。特に弧の真ん中の部分が空白になっている場合、女性的な魅力と色気がより一層強まり、モテることになります。またキレギレの金星帯の場合、おしゃれで独特の雰囲気を持ち、恋愛が長続きするとされます。

まとめ・女性としての解釈に注目する

恋愛観には男女差があり、女性らしさや女性の魅力といものもあるようです。恋愛に関わる魅力一つとっても、男女にかなりの違いがあります。恋愛の手相を見るにしても、女性に対応したいろいろな見方があることがわかります。先端に上向き支線がある感情線では、恋愛に積極的になれ、女性的な気遣いができることになります。長めで濃い結婚線では、良い恋愛や結婚ができることになります。玉の輿に乗れる可能性が高まるようです。金星帯があると、女性的な感受性や色気が強まることになります。出会い運にも恵まれるようです。いずれも女性的な魅力が高まると言えます。これらの手相が表れたら、充実した恋愛や結婚ができるのではないでしょうか。

手相
手相

関連記事

健康線に現れるサインから病気の予兆を見抜く手相占い

結婚線が枝分かれしている手相

指の長さからあなたの性格が分かる手相占い

男性の金運に関わる手相の見方

終わった恋愛を引きずりがちな人に多く見られる手相

生命力がわかる生命線の基本的な手相の見方