手相でわかる!離婚に関わる結婚線

結婚線で離婚の修復策を得る

念願の結婚をしても、実際に生活をしてみると、こんなはずじゃなかったということはありませんか。恋愛の時期には全てが許せても、結婚生活となると、許容範囲が変わっていくものです。我慢をしているといつか限界が来ます。今まで、隠していたことが露呈することもあります。また、家庭が一見うまく行っていても浮気というものも考えられます。これらの理由が重なると、離婚が頭に浮かんできます。できれば、離婚などしたくないものですが、致命的な行き違いになれば、もう修復は困難です。そうなる前に知ることができたらとなります。結婚線には、離婚に関わる相がいくつかあります。それでは、離婚に関わる結婚線について説明していきます。

下向きの結婚線

結婚線の終点が下向きの場合、結婚相手への愛情が冷めていることを示します。この下がり方が、少し下がる程度では、問題はありません。結婚期間が長くなると、結婚線が少し下がることは良くあります。しかし、線が急激に曲がって下がっていたり、どんどん下がって行くようなものは、結婚に危険信号が灯ることを示します。不満がピークに達していることが考えられます。寛容な心を持っても、折り合いがつかない程のわだかまりがあるようです。離婚の危機が迫っています。もし、未婚の人にこの相が表れている場合、異性に関する関心や意欲が弱いことになります。

結婚線が2本以上ある

結婚線は本数が、多くなる程、恋愛や結婚の回数が増えることになります。見方によっては、モテるとも言えるのですが、気が多く、一人に絞りにくくなります。いろいろと経験していくうちに。もっと良い人がいるのではとなり、パートナーを次々と替えることになります。未婚のうちはそれで良いのですが、結婚すると、それは不倫や浮気になってしまいます。不倫や浮気をされて、黙っていられる人は、そうそういないはずです。最終的には、離婚につながる可能性が格段に高くなります。必ず離婚するわけではありませんが、恋が多いことは、離婚するリスクにもなるわけです。

結婚線の終点が二股に分かれている

結婚線が二股に分かれていることがあります。この場合、夫婦の心と体が別々の方向に向かっていることを示します。考え方、価値観、体の相性などに違和感があるようです。性格的には、白黒をはっきりとつけたがる傾向にあります。お互いの時間や空間を大切にしていると、関係が修復できるとされます。この二股の部分が大きいと、ライフスタイルに大きな隔たりがあったり、修復不能なほどのわだかまりがあることになります。一方、二股の部分が小さいと、一時的な別れを示唆します。出張や単身赴任ということも考えられます。独身でこれが表れている場合、恋愛に自信を持っていないことを表します。

まとめ・離婚の危機が回避できるかもしれない

結婚の行く末が、どうなるかを知ることができる結婚線。結婚することばかりでなく、離婚についても、読み取れるものが数多くあることがわかります。下向きの結婚線では、愛情が冷めていることを示し、下向きな程、結婚に赤信号が灯っていることになります。2本以上の結婚線では、恋愛や結婚のチャンスが多い分、一人に絞り切れず離婚のリスクを伴うことになります。二股に分かれている結婚線では、夫婦間の心や体の隔たりを表し離婚につながることになります。これらには、それぞれ未婚の人に対応した意味もあり、概ねの恋愛や結婚に関する意識の弱さになります。結婚線が示唆する離婚の危機などは、回避できるものなら回避したいものです。

手相
手相

関連記事

運命線が二股に分かれる手相

反抗線の別名は「謝りま線」孤高の頑固人間!信じる道を突き進む反抗線とは

知能線上に現れるサインからあなたの未来を読み解く手相占い

覚えておきたい幸運の証 手相が教える運気上昇の兆しとは チャンスを掴もう!

運命線に現れるあなたの人生 あると嬉しい幸運のラッキーMの秘密

手相に現れる努力線から分かるあなたの運勢の見方