子育てに活かせる子供の特性が分かる手相の見方

子供の手相から分かる性格

手相占いというと大人がするものというイメージですが、もちろん子供にも手相があり、手相からその子の持つ性格が分かるのです。もし、子育てに対して悩むことがあったら、一度お子さんの手相を見てみてはいかがでしょうか。ここでは、子育てに役立つ手相の見方をご紹介します。お子さんと同じ相があったら、参考にしてみて下さいね。

生命線と頭脳線が離れている相

俗にいう「ケーワイ線」と呼ばれる線ですが、決して悪い意味ではなく、活発で行動力がありむしろプラスに働くことが多い相です。その分、元気すぎて手を焼くことも多いかもしれませんが。持ち前の大胆さにはハラハラさせられることもあるかもしれませんが、この冒険心がプラスになる様に向けていくことが大切です。この相を持つ子供は、何か目標を持つことで伸びていくので、熱中できることがあったら、トコトンやらせてあげましょう。「我が道を行く」タイプなので、集団生活の中でマイナスになることもあるかもしれませんが、良い面を伸ばしていきたいものですよね。

生命線の途中から伸びて下に向かう頭脳線

生命線と頭脳線がくっついているこのタイプは、上の「ケーワイ線」とは逆で「周りの空気を読み過ぎて、自分の感情を表に出さない」相です。この相を持つ子供は、自信を失いやすいので、褒めて伸ばすことを心掛けましょう。この相の特徴として、とても謙虚な所があるので、褒めすぎたとしても天狗になることはありません。特にこのタイプの子どもは、幼い頃に自信を無くしてしまうと、大人になっても引きずってしまうので、とにかくいい所を見つけて褒めましょう。

人差し指に向かって伸びる感情線

この相は真面目な人に多く見られ、ルールを重視する傾向にありますが、ルールに縛られすぎてしまう所もあります。この相を持つ子供に対しては、何事も楽しみながら取り組むことを教えるのがいいでしょう。一方、親御さんがこの相を持つ場合は「こうあるべき」という思いにとらわれ過ぎてしまい、悩みがちな傾向が。例えば、手作りの離乳食にこだわるあまりストレスをためてしまったり、「何歳までにコレができるべき」という思いにとらわれ過ぎて少しでも遅れると悩んでしまったり。この相を持つ人には「適当に手を抜く」ことが大切です。頑張って作った食事を食べてくれなかったり、生活のリズムを整えようとしてもなかなか思うようにいかなかったりと仕事以上に上手くいかないのが子育てというもの。思い通りにいかない時は「まあいっか」という気持ちを持つことも必要です。

長い頭脳線

長い頭脳線の持ち主は、とにかく何事も考える傾向にあります。考えることは大切な事なのですが、どうでもいい事まで深く考え過ぎてしまうので、考えるというより悩むといった方が近いことも。どうでもいい事は考えない方がラクに生きられるので、何事も楽観的に捉える姿勢を親御さんが見せていくことが大切かもしれません。

手相から分かる子供の性格を子育てのヒントに

子供の手相に応じた子育てについてご紹介しましたが、いかがでしたか。何事もその子供に合った接し方があるもの。お子さんの手相が子育てのヒントになるといいですね。

手相
手相

関連記事

手相にシドニー線がある場合の運勢の見方

運命線が切れてる手相

自分の力で開運させる 高貴な色で手相を書こう 色が持つ意味と手相への影響

手相が教えてくれるあなたの体に起こっている不調の見方

生命線から小指に伸びる線はどんな手相か

手相が教えてくれるあなたに近付いている災難の見方