右手か左手のどちらを見ればいいか迷った時の手相の見方

手相は右手か左手のどちらを見ればいいのか

自分で手相をチェックする時、まず気になるこの疑問。実はコレという正解があるわけではなく、様々な説があります。いくつかご紹介するので、自分に合った方法で占ってみて下さい。

両手を組んでみる方法

よく耳にするのが、両手を組んでみて親指が下(もしくは上)にある方の手を見るという方法。親指が上にきた手は「消極的な運命」といい、生まれつき持っている運命のことを言います。親指が下にきた手は「積極的な運命」といい、現在とこの先の未来を示しています。どちらかだけを見るというのではなく、消極的な手で生まれ持った性格などを見てから、積極的な手を見て現在から未来を占う方法が主流です。

利き手で見る方法

利き手が後天的な運勢、そうでない手が先天的な運勢を示しているという説もあります。両手が示している運勢があまりにも違う場合、元々それほど良い運勢でなかったのが、日々の行動などで運勢が好転していったと考えられます。もちろん逆のパターンもありますが。このことは、脳の働きに基づいて生まれた説で、右手が利き手であると考えると、右手は理性や現実性を司る左脳の影響を受けているので、後天的な未来を表しており、左手は直感や感情を司る右脳の影響を受けているので、生まれ持った性格などが分かるとされています。左利きの方は、逆に見た方がいいでしょう。

男女で違うという説も

男性は左手、女性は左手を見るという説もあります。これは中国の陰陽五行説で「男性は左、女性は右」を示しているため。男性は「陽」にあたり、太陽が東(左)から昇ることから男性は左手の手相をみると言われています。また、男性は左、女性は右と言う考え方は日本の古事記に由来しているとも言われます。

両方の手相が全く違う意味を持っている場合

これが一番悩むパターンかと思いますが、どちらもあなたの運勢。両方を総合して判断するのもアリです。お互いの要素が足りないものを補い合っていると考えられます。

国によって違う手相の見方

ヨーロッパでは男性は左手、女性は右手というのが主流な様です。またインドでは、肉体労働をしている男性の利き手は傷だらけで手相が見られないこともあり、利き手でない方の手を見ています。一方、肉体労働をしないインドの女性は、利き手にシワが出来やすいことから利き手で占われているそうです。

いっそいい方を信じてみるのもいいかも

この様に、どちらの手で占うかは一つの正解がないのが現実。占い師さんに見てもらえば、ハッキリしたことを言ってもらえるのですが、自分で占う際は悩んでしまうもの。例えば、恋愛の悩みを抱えている時に「片方の手だけ結婚線が赤みを帯びている」場合など、悩みだすとキリがなくなってしまいます。いっそのこと、今の自分に都合のいい手の相を信じてみるのはいかがでしょうか。案外こうした前向きな考えが幸運を呼び込んでくれるかもしれませんよ。

様々な説がある左右の手相の見方

どちらの手の手相をみるかは、たくさんの説がありどの説が正しいとも言えないのですが、何か共感する説があったら、そちらを信じてみるのもいいですね。手相は、世界中で長い歴史を持つ占い方法なので、知れば知るほど奥が深いものなのです。

手相
手相

関連記事

疲労線とストレス線に気を付けて!体の疲れが手相に!?疲労線とストレス線の秘密

木星丘と関わりが深い手相

直感線は霊感の証 別名水星環 本質を見るスピリチュアルな目の象徴とは

混同注意マネージメント線とソロモン環 紛らわしい2つの線は意味が違いすぎる

指の長さからあなたの性格が分かる手相占い

手相に現れる努力線から分かるあなたの運勢の見方