健康線に現れるサインから病気の予兆を見抜く手相占い

健康線とは

「健康線」ってあまり聞きなれない線かもしれませんが、生命線の終点あたりから小指に向かって斜めに伸びる線の事をいいます。文字どおり健康運を占う線ですが、この線はない人も多く、ないからと言って不健康かと言えばそうではありません。1本の線がまっすぐ伸びているのが理想的ですが、他の掌線と同様、切れ切れだったりするのは悪いサインなので、そうした線ならいっそない方がいいくらいの線なんです。ここでは、健康線の見方や、健康線に現れるサインが意味するものについて説明していきます。

くっきりと濃い健康線

くっきりと濃い健康線は健康の証と思われがちですが、実はそうではないんです。この様な健康線があったら、不摂生やストレスなどで体調を崩している状態にあります。自覚症状がなくても病気が潜んでいることもあるので、健康診断は定期的に受診しておきましょう。健康線は濃ければ濃いほど、重い病気を抱えている可能性があります。健康に注意した生活を送るのはもちろん、体調に少しでも異変を感じたら早めに病院に行くことが大切です。

生命線と交わる健康線

健康線の先端が生命線と交わっている場合は、病気が進行していることを意味しています。既に何らかの自覚症状が出ている場合は、すぐに病院に行きましょう。また、健康線と生命線が交わっている場所を、生命線の流年法で読み取ることで、病気にかかるおおよその年齢が分かります。まだ先の年齢であれば健康に注意しながら生活することで、未来の病気を防ぐことが出来るかもしれません。

生命線を起点とする健康線

生命線上から伸びている健康線は、心臓に欠陥を抱えている可能性があります。また、アルコールで健康を害する人が多い相なので、お酒の飲み過ぎには注意しましょう。

切れ切れの健康線

全体的に薄く切れ切れの健康線は、肝臓や消化器系が弱い傾向にあります。不摂生をしない様に注意が必要です。また、切れ切れの健康線が真横に伸びていたら(真横に伸びていたら健康線とは思われないですが、これも一種の健康線なのです)腸の不調を示しています。

健康線上に現れる島や三角形

健康線上に島が現れたら要注意というのは、分かりやすいのですが、健康線上に現れるサインとしては、三角形も凶相なのです。病気の可能性を示唆しており、特に呼吸器系には注意が必要です。

くねくね曲がる健康線

くねくね曲がっている健康線は、腎臓や肝臓の不調を示しています。塩分の多い食事や、疲れを溜め込むことが腎臓、肝臓の不調につながっていくので、この相を持つ人は、食生活に気を使ったり、意識して休息をとったりすることが必要です。

鎖状の健康線

鎖状の健康線は、小さな島が連なった状態と見ることが出来、注意が必要な相と言えます。この相は肺の不調を示しており、肺結核や喘息などにかかる可能性があります。この相があって咳がひどい時は、ただの風邪を侮らずに早めに病院に行きましょう。

健康線に現れるサインを早めにキャッチすることが大切

健康線が教えてくれるサインは、重い病気の予兆もあり、ちょっと怖くなってしまいますが、もし大病が潜んでいた時は、早めに対処することで回復が早くなることもあります。体調を崩した時や健康面で気になることがある時は、健康線をチェックしてみてはいかがでしょうか。

手相
手相

関連記事

四角紋・スターとは!?チャンスを見逃すな!手相が教えるラッキーチャンス

手相が教えてくれるあなたの金運の見方

手相における感情線の見方

発想の転換 大胆な開運の方法 好きな色で手相を書いて手軽に開運

スター線で金運に関わる手相

直感線は霊感の証 別名水星環 本質を見るスピリチュアルな目の象徴とは