ユーモア線は人を楽しませる天才に出現!言葉の魔術師ユーモア線を持つ人

ユーモア線とは

感情線の後ろの方(小指側)に斜めの線が入っていたら、それはユーモア線です。このユーモア線には2通りの解釈があり、1つは感情線の後ろの方(小指側)に中指の付け根に向かって斜めの線が入っているものをユーモア線と呼ぶもの、そしてもう1つは、左手なら感情線上に「>」、右手なら感情線上に「<」が入っているものをユーモア線と呼ぶものです。どちらも濃く長い方が意味を強く持ちますし、ユーモア線は数が多いほどユーモア度も高くなります。

この感情線の上下に出る斜めの線にはそれぞれ意味があり、上に出る斜めの線は人を楽しませることが好きな人によく出る線で、下に出る斜めの線は人に対する気配りが上手な人に現れやすい線です。この2本が合わさってユーモア線と解釈する見方、上の斜めの線の意味だけをとってユーモア線と解釈する見方、どちらも間違っていないので安心してください。

このユーモア線を持っている方は、とにかく周囲の人を楽しませるのが上手です。ただし面白いことを話すのが好きと言っても、おやじギャグや寒いダジャレを連発したり、下品な下ネタを繰り返したり、場を盛り上げるために人を貶めるタイプの人には、この線はないことが多いようです。ユーモア線を持つ方は話し上手で、物事を面白おかしく話すことが上手、とにかく場を盛り上げる能力に秀でているので、飲み会などでは重宝されることが多いでしょう。また、わざと面白く話そうと気負っている訳ではなく、基本的に人と感じ方が違う方が多いのもユーモア線を持つ方の特徴の1つ。純粋な性格ですが人を楽しくさせたり、喜ばせることに関しては生まれながらのプロフェッショナルと言っていいでしょう。

面白い話ができるだけでなく、頭の回転が速いので空気を読んで、その場その場に合った盛り上げ方をすることができます。ちなみに芸能人では、明石家さんまさん、ダウンタウンの松本人志さんがこのユーモア線を6本持っておられるそうです。

ただし、このユーモア線を持っている方は常に明るいのかと言うとそうでもありません。普段は物静かであったり、照れ屋な方が多いのですが、飲み会などになると「人を楽しませたい」「みんなの期待を裏切りたくない」と思う気持ちが高まり、自ら盛り上げ役に徹するようにしているようです。ですのでユーモア線を持っておられる方は物静かな人や静かな時間も共有できるような穏やかなタイプの方と相性が良いでしょう。

ユーモア線を持つ人に向いている職業は?

ユーモア線は人に伝える能力の高さを表す相でもありますので、人前で話す仕事は向いています。教師や講師など物事を教える職業、また、営業職も向いています。接客業などお客様とのコミュニケーション能力が求められる職種も適職ですね。また司会業やライターも良いですし、エッセーなどを書いてみるのも面白いかもしれません。

また実際に話すことを職業にしておられる方にも多い相です。もちろん芸人さんも向いていますが、かなりの狭き門です。手相だけでその道を志すのはやめておきましょう。

また、知能線から太陽線が出ている方でユーモア線を持つ方は、話すことや伝えることを職業にすることで、個性や才能が生かされる可能性が高いです。

手相
手相

関連記事

運命線が二股に分かれる手相

より詳細にわかる!女性に対応した手相の見方を解説

運命線が薄い手相

晩年に花開くタイプの人に多く現れる手相の見方

爪に現れる点が示すサインから分かる手相占い

太陽線に現れるサインから読み解く手相の見方