ある日突然出現する二重知能線 2倍の才能があなたに幸運を招く

二重知能線が示すものとは

知能線とは人差し指と親指の間にある線のことです。一般的には生命線とくっついている人が多いようですが、離れている方は生命線と感情線の間にあるのが知能線です。知能線が長い人は熟考する慎重派、短い人は、勘やインスピレーションを大事にする行動派といわれていますが、あなたの手相はどちらにあてはまるでしょうか。今日は、この知能線が2本ある場合について考えていきたいと思います。どの線でも2本目があるということは、もともとの意味が2倍になることを表しています。そして知能線の場合は2つの才能を持つという意味があります。

二重知能線は後から出てくる

2本目の知能線は、急に表れることが多いので今は2本目の知能線がない人もいつか突然出てくるかもしれません。そして、この二重知能線は、全く違う2つの才能が花開く暗示でもあります。また、2つの性格、2人分の賢さの象徴でもありますので、この線がある方は素直に喜びましょう。様々な方向で成功することができますし、頭が良いので会話も上手で、常に周囲に人が集まってきます。もちろん恋愛も持ち前の賢さを武器に自分できっかけを作ることができますし、駆け引きも上手です。多方面に能力を発揮できる頭の良さは異性からとても魅力的に見えると思います。有名人ではマイケルジャクソンは三重知能線を持っていたそうです。

二重知能線と枝分かれした知能線は別

ただし、気を付けておきたいのは「途中から枝分かれしている知能線は二重知能線ではない」ということです。簡単に言うと、二重知能線を持つ人は、2つの頭脳を持つ状態、枝分かれしている知能線の人は、もともと1つだった知能線が2つになっただけなのです。そのため、周りの人から移り気な人と思われたり、飽き性だと思われることがよくあります。但し、賢さや柔軟さで比べると、1番は二重知能線を持っている人、2番は枝分かれした知能線を持つ人、そして3番が、普通の知能線の人となります。この枝分かれした知能線を持つ有名人にはアインシュタイン博士がいます。

二重知能線を有効活用する

この線がある方には、1つずつ物事を進めていくよりも、いろんなことを一気に進めて行くことをおすすめします。二重知能線がある人にとって物事を1つ1つ取り組むのは時間がかかってもったいないことです。仕事で新しい企画を練りながら興味のある資格を取ったり、新しい商売を始めながら、絵の大会に応募するなど、全く関係のない2つの分野のことを両立させ、成功させることができる手相。それが二重知能線です。手相は日々変化するものです。この線があるうちに、あなたの中の2倍の知能を生かすようにしましょう。また、二重知能線は必ずしも平行で同じ長さの線が2本あるわけではありません。角度が違っていたり、長さが違っていることの方が多いので安心してください。二重知能線は、人がうらやむような手相ですし、実際成功を掴むチャンスが多い人の手相ですが、だからと言って人を見下したり自分の能力を過信するようなこはやめましょう。

どんなときでも驕らず、周囲の人と助け合い協力し合うことで、あなたの運は更に高まります。せっかくの良い手相。しっかり生かしたいですね。

手相
手相

関連記事

健康線に現れるサインから病気の予兆を見抜く手相占い

結婚線が薄い手相とは

手相占いで結婚に関わる結婚線

オシャレな人に多く見られる手相の特徴の見方

手相に現れるフィッシュで分かるこれから起こる幸運の見方

結婚線が2本ある手相