不動産線で不動産を購入するのに最適な時期が分かる 大きな買い物こそ慎重に

不動産線とは

不動産線は、他の線とは少し違い、運命線と太陽線、そしてこの2つの線と斜めに交わる線のことを不動産線と言います。単独で不動産線と呼ばれている線ではありませんので、運命線がない方や太陽線がない方、もしくは運命線や太陽線が途切れ途切れの方や薄い方は完全な不動産線とは言えなくなってしまいます。

また不動産線には、運命線と太陽線、どちらも横切っている場合と、運命線と太陽線の間に橋がかかっているように横線が入っている場合がありますが、どちらも不動産線としてみてください。

この不動産線はその名の通り不動産を持てる時期に入ったり、何かのきっかけで家や土地を手に入れた時にも出現します。家を建てたり、マンションを買ったり、また相続などで土地や不動産を手に入れる方もおられるかもしれません。また、不動産を手に入れられるだけの資産があることを表す線でもありますので、金運をみるバロメーターとしての役割も果たしています。

ただし注意したいのは、この不動産線は不動産を手に入れる時期は教えてくれますが、不動産投資がうまくいく事を示す線ではないと言うことです。いずれにせよ大金が関わってくる話ですので、手相だけで購入を決める方はおられないと思いますが、不動産線が出ているからと言って、投資目的でのマンションの購入や土地の取り引きなどに迂闊に手を出すのはやめましょう。

とは言え、大きなリスクがあると分かっていながらも、不動産投資や不動産収入などは魅力的な言葉ですね。そこでどうしても投資などに関するあなたの不動産運が占いたい場合や、金銭を得るために不動産が購入したい場合、そもそも手に入れた物が賃貸用アパート1件だったりする場合は不動産線だけでなく、財運線も参考に考えていきましょう。財運線とは小指の下にあり、下から上に向かって伸びている線です。経済的に余裕があればあるほど太く濃い財運線になっています。また若い年齢層の方には出にくい線でもあります。

この財運線が生命線から出ていたり、知能線や知能線の周囲から出ている場合は自分の努力によって財産を増やすことができますので、手に入れた不動産を活用することを考えても良いのかもしれません。

運命線の流年法で時期を占う

何歳くらいで不動産を取得するのが良いか、また不動産運が上がる年齢など詳しい時期を知りたい場合は運命線の流年法を見ることにしましょう。ここで運命線の流年法の見方を説明します。まず、手首の線を0歳、中指の付け根を90歳とします。この2点を直線で結んで4等分してください。

1.手首側から見て4等分した最初の点が22歳

2.手首側から見て4等分した2番目の点(手首と中指の付け根のちょうど真ん中)が30歳

3.手首側から見て4等分した3番目の点が52歳を表しています。

これを参考にあなたにとって一番良い時期を算出してください。また、珍しい相ですので出たらラッキーくらいの気持ちでいると良いでしょう。不動産関連の仕事に就いている方に多い相という解釈もありますし、金運と強い関係を持っていることから投資そのものをされている方に多い相という解釈もあります。

また、手に入れた不動産によって収入が得られるようになった場合、運命線と太陽線を横につないでいる線は長くなり、小指の付け根の下の方まで伸びてくる場合もあります。

手相
手相

関連記事

発想の転換 大胆な開運の方法 好きな色で手相を書いて手軽に開運

悲哀線があなたの過去の悲しみを表す 悲哀線ができやすいタイプとその理由

手相でわかる!離婚に関わる結婚線

よく当たる手相占い 右手と左手があなたの宿命と未来を表す

手相にKY線を持つ人の運勢の見方

仏眼線と神秘十字線が見えない物を見る力を表す!神秘の能力が手相で分かる