お金持ちへ導く!金運に関わる手相の見方

不思議な力の金運は存在する

財布に大めにお金を入れていると、なかなか減らないように感じ、少なめにしていると使うことが多く、あっという間にカラになるようなことはありませんか。お金がお金を呼ぶとか、金色や黄色を好むというような説がいろいろとあります。いずれにしましても金運は、どのようなものなのか実体はわかっていませんが、この不思議な力は確かに存在しているようです。金運が低迷すれば、お金が入らず出費が多くなり、これを改善させれば、お金の巡りが良くなるとされます。金運は常に良い状態にしておきたいものです。金運を知ることができる手相で代表的なものには、財運線、太陽線、スター線などがあります。それでは、この金運に関わる手相の見方について説明していきます。

財が築ける手相

金運の手相として財運線があります。財運線は水星丘と呼ばれる小指の付け根の領域で縦に伸びる線を指します。主にお金を増やす能力に優れていることを表します。具体的には、お金の現状、お金への執着心、お金をやりくりする金銭感覚、商才など示します。使ったお金が何らかのプラスに働き、数を増やして戻って来るとも言われています。濃く表れていると、かなりの財が築けるはずです。始点がどの線上か、どの丘かで、財をどのようにして得るかがわかります。一方、財運線が薄かったり、途切れ途切れだったりすると、金運が低迷し、お金が出ていくことになります。

お金につながる能力を高める手相

金運がつかめる手相として太陽線があります。太陽線は、太陽丘と呼ばれる薬指の付け根の領域で、縦に伸びる線を指します。主に成功や人気、財運など表します。仕事などで大きな業績を残したり、大きな成功を収めて、財がつかめるとされます。お金につながる人望にあふれていることも示します。濃く表れていると、金運が強く、お金に困らない生活ができるようです。人から認められて金運を得るとされます。始点がどの線上か、どの丘かでどのような成功や才能が、お金につながるかがわかります。一方、キレギレだったり、複数ある場合、成功が長続きせず、目標が定まりにくいとされます。

一攫千金向けの手相

予期せぬ大金が手にできる手相として、スター線や星紋と呼ばれるものがあります。スター線は、短い3本以上の線が星のような形で交差しているものを指します。幸福を呼び込むラッキーサインとしても知られています。基本的に予期せぬ大金や幸せが訪れるとされます。木星丘と呼ばれる人差し指の付け根の領域に表れると、向上心と努力が実り大金がつかめ、太陽丘に表れると人気や名声、成功によって大金がつかめるとされます。水星丘の場合、思いもかけない財がもたらされるとされます。いずれの場合も、宝くじの高額当選や、ギャンブルでの勝利などの突発的な金運に向いているとされます。

まとめ・金運の手相は大吉相

金運は実体がわからないものですが、確かに存在し、少なからず金運の影響を人は受けています。手相には、金運に関わる手相がいくつかあります。財運線、太陽線は、努力などが実り大金につながり、スター線は、予期せぬ大金につながることがわかります。この財運線や太陽線がない人は多く、財運線があっても太陽線がない、太陽線があっても財運線がなかったりします。結構稀少な大吉相や吉相となるわけです。しかし、財運線と太陽線の両方が表れている大幸運な人もいます。表れていない人は、書き足すことで、これらの手相になれることもあります。ここで取り上げた以外では、運命線も金運に影響を及ぼしていることが知られています。できたら、これらの手相を手にして、大金をつかみたいものです。

手相
手相

関連記事

手相から分かるますかけ線を持つ人の運勢の見方

災害線は災害の予兆!?災害をいち早く察知し回避する方法 運命線と混同注意

手相の見方による左右の違い

人生の分岐点を予知しよう 前もって分岐点が分かれば成功を掴むことができる!?

パートナー線からあなたの恋愛が分かる手相占い

健康線に現れるサインから病気の予兆を見抜く手相占い