悲哀線があなたの過去の悲しみを表す 悲哀線ができやすいタイプとその理由

忘れられない悲しみが手相に刻まれる

手相とは、今のあなたの状態を客観的に表したり、このままのあなたに将来起こりうることを暗示するものです。しかし、そんな手相の中で、過去を象徴するような線があるのをご存じですか?

親指の付け根の下から手首にかけて膨らんでいる部分がありますが、この部分に細かい線がたくさんあると思います。その細かい線が伸びて生命線の上を通過している部分がありませんか?これが悲哀線です。悲哀線は太ければ太いほど大きな悲しみを表しています。大切な人との死別や、大好きだったペットを失った悲しみ、学生生活の辛い思い出や仕事上の取り返しがつかない失敗など、人には生きてきた中で否応なしに乗り越えざるを得なかった悲しい出来事があります。そして、悲哀線が多い方はそれだけ多くの悲しみを乗り越えてきた方です。

興味深いのは悲哀線は30代以前の若い時期に現れることが多いことです。人間は年を取りながら色んなことを経験し、悲しみや辛さに耐えられるよう強くなっていくのかもしれません。

そんな手相に刻まれるほどの悲しい出来事が起こった時期や、将来悲しい出来事が起こる時期は生命線の流年法で見ることができます。起点は親指の付け根(というより、手首付近にある親指の付け根の骨)です。

1.人差し指と中指の間と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが約20歳

2.中指と薬指の間と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが約30歳

3.薬指と小指の間と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが約40歳

4.小指の外側の付け根と起点を直線で結んだとき、生命線と交わるところが50歳

をそれぞれ表しています。この流年法で導き出した年齢を目安に悲哀線が入っている年齢を割り出してください。今までのあなたの人生に起こった悲しい出来事の年齢、これからのあなたの人生で悲しい出来事が起こるかもしれない年齢が予測できると思います。

また運命線にまで到達する長い悲哀線がある人は、その悲しい出来事が後の因縁や巡り合わせに大きな影響を及ぼしていることを表しています。

そして知能線に到達している人は悲しい出来事が考え方に大きな影響を及ぼしている暗示です。

悲哀線ができやすい人はこんな人

悲哀線は心の優しい人に多く現れると言われています。また感受性が強く、色んな出来事を敏感に受け止めてしまう人や、小さなことでクヨクヨしてしまう人も悲哀線ができやすい人と言えるでしょう。深呼吸をして少し厚かましいくらいの人になりましょう。物事をネガティブに考える傾向がある人は、少しでもポジティブに考えるよう気を付けたいですね。

また将来を表す生命線に悲哀線がかかってしまっている方は、なるべく悲しい出来事が起こらないように自分自身、定期検診などで病気を早めに察知したり、規則正しい生活を送るなど健康に気をつけましょう。また周囲の人にも同じように健康な生活が送れるよう勧めることで防げる悲しみがあるかもしれません。

手相が表す未来は、決定している未来ではありません。だから全力で抗うことができます。何もしないより、行動をした方が良いことはたくさんあります。せっかく未来を覗く機会があったのですからしっかり活用したいですね。

手相
手相

関連記事

混同注意マネージメント線とソロモン環 紛らわしい2つの線は意味が違いすぎる

女性の良妻賢母度が分かる手相の見方

運命線が二股に分かれる手相

結婚線が2本ある手相

波乱万丈な人生を送る人に多く現れる手相の見方

運命線が斜めに伸びている手相